« 普段づかいのやきもの | トップページ | 野菜生活、はじまる »

2012/09/24

そうだ 京都、行こう。

秋のはじまりの週末、京都にいってきました。
ふと思い立って出かけられるこの距離感は、名古屋のいいところ。

秋晴れのドライブは片道2時間ちょっと。
関西出身とはいえ、京都には数える程度しか行ったことのないビギナーのため、この日もすっかり観光客気分。
というわけで、目的は京の台所、錦市場とその周辺界隈の散策に。

1560年創業、京鍛冶屋の【有次】
いまや世界的に有名な和包丁の老舗、そして銅や真鍮などの料理道具が揃っています。
じつに450余年のあいだ、18代に渡って造りつづけられるものたちが並ぶ様子はいつ見ても圧巻。


今回購入したのは、真鍮のスプーンとレンゲ。

Photo_6

Photo_5

こんなに小さなお買いもの、しかもお店はひっきりなしに出入りするお客さんでとても賑わっているのに、
「名彫りはいかがしましょう」とその場ですぐに名入れをしてくださいました。

丁寧なものづくりとサービスは、海外へのお土産にもとくべつな贈りものにもぴったり。
店内には外国の方もたくさん、もちろんアルファベットの名入れにも対応されています。



つづいて、以前の記事で「お箸を新調したい」とつぶやいたときに教えていただいた【市原平兵衛商店】へ。
錦市場からはすこし離れた場所にあるお箸専門店もまた、創業から240年余りという老舗。
こちらの「みやこばし」という、希少なすす竹をつかった細身のお箸は、知る人ぞ知る銘品と云われています。

Photo_4

もともと手にしたときにグリップのしっかりしたタイプが好みのわたし達は、今回「平安箸」をセレクト。
「平安箸」に使われている京都の若竹は、粘り気が強く弾力性があってしなりがいいのが特徴なのだそう。
箸先はとてもとても細く、女将さん曰く「胡麻の粒もつまめますよ」とのこと!
全体に拭き漆が施されていて、どんな器にもあわせやすそうな控えめなデザインもお気に入りです。





« 普段づかいのやきもの | トップページ | 野菜生活、はじまる »

souvenir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669170/47182378

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ 京都、行こう。:

« 普段づかいのやきもの | トップページ | 野菜生活、はじまる »