« 東北のおみやげ vol.1 | トップページ | wedding party »

2012/05/27

東北のおみやげ vol.2

盛岡は、じつは7〜8年ほど前からずっと行ってみたいなと思っていた場所。
その理由のひとつに、今回訪ねたふたつのお店の存在があります。

ひとつは、【光原社】という民藝を扱うお店。

柳宗悦が提唱した「民衆的工藝」といわれる、
その土地の風土に根ざした手仕事によって生み出される日常のなかのうつくしいもの。

ショーケースにひとつずつ陳列されているような美術館のような雰囲気のお店ではなく、
うつわが積まれた様子があたたかい、でもきちんと行き届いている、すこしノスタルジックな店内。

宮沢賢治の生前唯一の童話集「注文の多い料理店」を発刊した、賢治ゆかりの場所としても知られています。


向かいにある、光原社別館【モーリオ】のお目当ては「くるみクッキー」というおやつ。
しっとりしたほんのり甘いクッキー生地&くるみのキャラメリゼという最強の組み合わせ♡
パッケージは、光原社のグラフィックの多くを担当している型染作家の小田中耕一さんのデザインです。


そしてもうひとつは、岩手の伝統工芸である南部鉄器の【釜定工房】さん。
明治時代から続く老舗の本店は、盛岡を流れる中津川沿いにある蔵造りの建物です。

フィンランドでの生活を経て3代目となった宮伸穂さんのデザインする鉄器は、
日本的ながらどこか北欧デザインの流れも感じる、モダンでとても美しいものばかり。
生活道具として、ふと自分の生活の中にあることを想像させてくれるような自然な存在感のあるものたちです。

念願が叶って購入したのは、オイルパン。
縁が2センチ立ち上がった円形の鉄板と取手の部分のフォルム、手に持ったときの重さもすてき。

直径22センチの小振りなサイズと、シンプルな佇まいはそのままテーブルに出したくなるようなデザイン。
パンケーキが美味しく焼けるという評判はまちがいなし、ますますブランチタイムが楽しみ。

釜定3代目、宮伸穂さんのことば。
「伝統に裏打ちされた技術を守り伝え、深めること。そしてデザインは時代と共に変化していくこと。」


東北地方の復興と、ものづくりがこの先も受け継がれることを祈って。



« 東北のおみやげ vol.1 | トップページ | wedding party »

souvenir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669170/45429855

この記事へのトラックバック一覧です: 東北のおみやげ vol.2:

« 東北のおみやげ vol.1 | トップページ | wedding party »