« 常滑散歩 | トップページ | 東北のおみやげ vol.1 »

2012/05/16

DRIFTWOOD BIRD

夏に向けて、我が家の小鳥くんは換羽のまっさかり。
年に一度の本格的な生え変わりの時期を迎えてどうやらストレスフルなご様子。

いっぽう、ひきつづき「小鳥アイテム」コレクションも増えています。
ゴールデンウィークにひさしぶりにお邪魔した名古屋市守山区の【Niagara House】さんにて。


「流木の鳥」は、グラフィックデザイナーであり流木アーティストでもある、針原修さんの作品。

海辺に流れ着いた流木をひとつずつ拾い集め、丁寧に洗い、時間をかけて乾燥させ、
それぞれの自然な形や色を活かし、翼を与え、あたらしい命を吹き込む。

鳥に生まれかわった流木は、その素材がひとつとして同じものがないように、
一羽一羽がとても個性的で表情豊か。
我が家に来たこの姿は、鳥が眠るまえに止まり木の上でうずくまる様子にそっくり。

この鳥たちは偶然にも、ちかく訪れる予定の岩手県【宮沢賢治童話村】に永久展示されているそう。

くしくも、宮沢賢治の誕生年とその最期の年にも、三陸沖には大きな自然災害がもたらされました。
彼がイーハトーブと名付けた故郷で、この鳥たちはいまどんな表情をみせてくれるのでしょうか。




« 常滑散歩 | トップページ | 東北のおみやげ vol.1 »

little bird」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669170/45274065

この記事へのトラックバック一覧です: DRIFTWOOD BIRD:

« 常滑散歩 | トップページ | 東北のおみやげ vol.1 »