« Little bird | トップページ | ブランチの定番 »

2012/04/15

わすれられないものたち

いつもより、少しながくたのしませてくれているように感じる今年の桜。
昨夜は近くの公園の大きな樹々の下で、ドームのように重なり合うピンク色の枝々を見上げました。
散りはじめた花びらが地面にも敷き詰められて、なんとも幻想的な空間でした。

いまから7年前のこの季節に大好きだった祖父が亡くなりました。
桜並木が美しい日で、桜が大好きだった祖父を見送るのにふさわしいお花見日和だったことを思い出します。

絵を描くことが好きで、晩年は自宅のアトリエでたくさんの油彩を描いていました。
祖父の愛用していたイーゼルとカーディガン、そして小さな白いペイントのスツール。
カーディガンもスツールも、子供の頃からのわたしのお気に入り。

古いもの、受け継いだもの、いろんなものがミックスされて居心地は生まれるんだなぁと感じます。
どれもわすれられない思い出の詰まった、わたしのすきなものたち。


« Little bird | トップページ | ブランチの定番 »

interior」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1669170/44890466

この記事へのトラックバック一覧です: わすれられないものたち:

« Little bird | トップページ | ブランチの定番 »